ダイエットカフェ

ダイエットカフェ株式会社

代表メッセージ

代表の略歴

福田尚広(Fukuda Takahiro)

2006年に北海道大学農学部を卒業後、オージス総研に入社し、プログラマーとして金融システム等を開発。2008年に独立後、ダイエット商品の口コミサイト「ダイエットカフェ」を創設。
ダイエットカフェの運営中に多数の不健康な商品や誇大広告を目にした経験から、「健康的なダイエット文化の定着」を使命だと感じる。「ダイエット商材の闇」について「現代ビジネス」「Wezzy」等に寄稿、「ねとらぼ」等で取材実績あり。

 母の一言から生まれた「ダイエットカフェ」

私は以前から「実態がよくわからないモノを解明する」ことに関心があり、大学時代は「怪しげな情報商材」をレビューするブログを運営していました。
大学卒業後は普通に就職しましたが、仕事をする中で「自分で事業をする」ことに魅力を感じるようになり、2年で独立を決意しました。

独立後、事業アイデアを探していたところ、(お金がなく実家にいたので)毎日顔を合わせている母の「私はダイエット歴30年だから〜」という言葉を耳にし、ピンと来ました。

ダイエット商品にも実態がよくわからないイメージがある。
実態を明らかにすることで、誰かの役に立つかもしれない

そう感じ、ダイエット商品の口コミサイト「ダイエットカフェ」を着想しました。

ダイエット業界の不健全さに気付いてしまった

ダイエットカフェの運営当初、ダイエット業界に対しては「何となく怪しい」くらいの曖昧なイメージしかありませんでした。しかし、サイト運営を通じて、日々口コミをチェックしていると、

最初は半錠から試してみましたが、動悸、倦怠感、吐き気に襲われ身体への負担は相当なものだったと思います。
(29歳女性:某ダイエットサプリへの投稿)
全く効果が無い。いつのまにか年間契約になっていて解約できない
(48歳男性:某ダイエットサプリへの投稿)
消費者センターに相談したが、結局泣き寝入りで5000円支払った。 絶対に買ってはいけないと思う。
(50歳女性:某ダイエットドリンクへの投稿)

といった口コミが連日のように投稿されるのを目にしました。

これは、、、なんとかしないと。

しかしながら、商品は膨大な数がありますし、商材の良し悪しは私の目では判断しきれません。結局、私ができることで、この状況を改善する最も強い行動は

ダイエットカフェを最強にして、本音口コミを大量に発信し、
消費者の方自身が、商材の良し悪しを見極められるようにする

ことだと思いました。

世間知らずだった私

2008年に設立したダイエットカフェも、16年以上の運営により日本最大級の規模(掲載商品数:10370個、投稿口コミ数:200901個)に成長いたしました。

さて、「ダイエットカフェが大きく成長したら、ダイエット業界も少しは健全化されるはず」と思い込んでいましたが・・・
下のグラフはダイエットカフェに投稿された口コミ評価の割合の推移です。

2016年くらいから悪い評価がめちゃ伸びてます(青い棒が悪い評価です・・)。
2020年をピークに少しマシになってるようですが、不健全なダイエット業界を変えるには、まだまだ何かが足りないようです。

社名変更。健康的なダイエット文化の定着に挑戦します。

ダイエットカフェを運営する中で、逆説的ですが「ダイエット業界を健全化」するには、「ダイエット業界を健全化しようとするだけでは達成できない」と認識を改めるようになりました。

糖尿病・高脂血症・膝の痛みなどが、それ単体の治療をしても根治せず、根本原因である「肥満」を改善しないといけないのと同様に、「ダイエット業界の健全化」も、それ単体を改善しようとしても根本的な解決に繋がりません。

今では、もっと広い視点で、ダイエット界隈に根付く
・ダイエットは体に無理させるのが当たり前
・怪しい商品や販売方法が蔓延するのが当たり前
・女性が異常な程の痩せ願望を持つのは当たり前
といった「不健康なダイエット文化」を変えていかなくてはならないと考えるようになりました。

そのため、ダイエットカフェは新たな使命として「健康的なダイエット文化の定着」を掲げることとなりました。
これには、現在ダイエットカフェで実施している「個々のダイエット商材に関する本音口コミの発信」だけでは足りない。もっと幅広く活動していくことが必要になりそうです。

そこで、2023年。
社名を「株式会社T.M.Community」から「ダイエットカフェ株式会社」に改名しました。これは「ダイエットカフェ」という事業に全力を注ぎ、「健康的なダイエット文化の定着」にコミットするという決意の表れです。

健康的なダイエット文化の定着のために

今後は、これまで弊社が実施していた「本音口コミの発信」だけでなく、「研究者によるエビデンスに裏付けられた情報発信」「行政による悪質業者の取り締まりや健康推進」「善意のメディアによる信頼できる情報の拡散」など、他組織とも連携した多角的な活動を実施していきます。

私は、上記の活動を活性化させる方向に努力し、ダイエット業界が正しく、健全に機能する世界を目指します。
そして、いずれ、次のような声が当たり前になれば嬉しいです。

なんか、無闇に痩せなきゃという雰囲気が無くなり、過ごしやすいし、体調も良い感じ。
ちょっと太ってきたかなってなった時に、頼りになるダイエット商材があって、気軽に体型管理ができる。
悪質商法に騙されるなんて、それいつの時代?って感じ。

非常に困難な目標だとは思いますが、意志を持って挑戦し続けていれば、いずれ実現するはずです。

何から始める?

さて、途方もない挑戦ではあるのですが、まずは「ダイエット業界の現状を明らかにする」ところからスタートします。その後は、明らかになった現状を元に、どう改善していくかのアイデア出しや研究者や行政への働きかけ等を構想しています。

下記のSNSにて、今現在の挑戦の様子を呟いてます。事業運営を通じて得た「ダイエット業界に関する情報発信」も行っているので、よろしければフォローお願いします。

Tweets by dietcafejp